渋谷の小顔整形できるクリニック

湘南美容クリニック

 

湘南美容クリニックは全国に75院展開しているクリニックです。
渋谷院と渋谷アネックス院の2院があり、どちらも女性限定になっています。
また、渋谷アネックス院はプチ整形のみです。

 

バッカルファットと骨削りは渋谷院では取り扱っていません。
お近くの新宿本院であればどちらも取り扱いがあるようです。

 

小顔整形の料金
種類 施術名 料金(税込)
脂肪溶解注射 BNLS neo(1本)

10本以上:3,600円
10本未満:3,780円

ヒアルロン酸 クレヴィエル 75,000円
ラインフィールウルトラ 98,000円
エラボトックス ボツリヌストキシン 9,720円
アラガン 20,000円
プロテーゼ アゴプロテーゼ 194,400円
脂肪吸引 ホホ 123,520円
アゴ下 92,740円
頬骨上
ホホ+アゴ下 170,100円
ホホ+頬骨上

お顔すっきりセット
(ホホ+アゴ下+頬骨上)

231,660円
フェイスリフト ナチュラルクイックリフト 498,000円
小顔若返りリフト

1本:46,570円
6本(片側3本):
277,830円

 

湘南美容クリニック 渋谷院(女性限定院)の情報

【住所】
東京都渋谷区宇田川町20-11 渋田三葉ビル5階

 

【診療時間】
9:00〜18:00(年中無休)

 

【アクセス】
JR「渋谷駅」ハチ公口から徒歩3分

 

湘南美容クリニック 渋谷アネックス院(女性限定院)の情報

【住所】
東京都渋谷区渋谷3-18-8 大野ビル6階

 

【診療時間】
10:00〜19:00(木曜は定休日)

 

【アクセス】
JR「渋谷駅」から徒歩5分

 

 

 

 

品川美容外科

 

品川美容外科の渋谷院は品川スキンクリニックの渋谷院と連携しています。
プチ整形から大まかなまでものまで小顔整形の種類が豊富にあります。
BMC会員なら通常料金の20%OFFで受けられる施術もあるようです。

 

小顔整形の料金
種類 施術名 料金(税別)
脂肪溶解注射 1日脂肪取りR顔痩せ(1t) 3,950円
ヒアルロン酸 プチ輪郭形成(アゴ)

初回:11,100円
2回目以降:20,370円

エラボトックス ボツリヌストキシン

初回:1,840円
2回目以降:11,100円

アラガン

初回:18,490円
2回目以降:46,090円

レディエッセ プチアゴ修整 90,740円

 

品川美容外科 渋谷院の情報

【住所】
東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4階

 

【診療時間】
10:00〜20:00

 

【アクセス】
JR「ハチ公改札」から徒歩1分

 

 

 

 

共立美容外科

 

2018年で30周年を迎えた、全国23院展開している共立美容外科です。
手軽なものから大まかなものまで小顔整形の種類が多くあります。

 

小顔整形の料金
種類 施術名 料金(税込)
脂肪溶解注射 BNLS neo(1本) 16,200円
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸(各種)

0.1t:13,000円
1t:82,100円

エラボトックス エラ 54,000円
レディエッセ 0.1t 16,200円
バッカルファット 両側バッカルファット除去 432,000円
脂肪吸引 201,600円
二重あご 151,200円
フェイスリフト フェイスリフト 617,200円
骨削り 外側アプローチ 462,900円
他院と同じエラ削りの方法 718,000円
共立式MWO法 918,000円〜
共立式MWO法(エラから顎全体) 1,404,000円
頬骨削りのみ 864,000円
共立式MWO法(口腔内・外側アプローチ) 1,458,000円

マイクロカニューレの極細針を使用する場合は+3,240円です。

 

共立美容外科 渋谷院の情報

【住所】
東京都渋谷区渋谷1-24-6 マトリクス・ツービル8階

 

【診療時間】
10:00〜19:00(年中無休)

 

【アクセス】
JR「渋谷駅」宮益坂口から徒歩2分

 

 

 

 

渋谷美容外科クリニック

 

渋谷、新宿、池袋、横浜の4院展開しているクリニックです。
何種類かのヒアルロン酸を導入しており、主にアラガン社のジュビダームビスタを使用しています。
また、注入時の痛みを軽減できる麻酔入りのヒアルロン酸もあります。

 

渋谷美容外科クリニックの医療ローンなら12回まで金利が0円です。

 

小顔整形の料金
種類 施術名 料金(税別)
脂肪溶解注射 脂肪を溶かす注射(1本) 34,500円
短期治療タイプ(1本) (初回限定)3,900円
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸

0.1t:6,000円
1t:60,000円

無痛ヒアルロン酸

(初回限定)
0.1t:2,500円
(初回限定)
1t:25,000円

クレヴィエル

0.1t:10,000円
(モニター)
1t:68,000円

エラボトックス エラ縮小 69,000円
レディエッセ レディエッセ

0.1t:17,500円
1本(0.8t):
140,000円

プロテーゼ プロテーゼ挿入(あご) 345,000円
フェイスリフト 頬〜あご 805,000円
顔全体 1,380,000円

 

渋谷美容外科クリニック 渋谷院の情報

【住所】
東京都渋谷区渋谷1-14-9 藤和宮益坂ビル8・9階

 

【診療時間】
月・木・金(祝日除く) / 11:00〜14:00 / 15:00〜23:00
火・水 / 11:00〜14:00 / 15:00〜20:00
土・日・祝 / 10:00〜14:00 / 15:00〜19:00

 

【アクセス】
JR「渋谷駅」東口から徒歩1分

 

 

 

 

アサミ美容外科

 

開業して28年、全国に3院展開しているアサミ美容外科です。
プチ整形から大掛かりな施術まで数多く種類を用意しています。 

 

小顔整形の料金
種類 施術名 料金(税込)
脂肪溶解注射 脂肪溶解注射(片手分) 27,000円
脂肪溶解注射(両手分) 54,000円
ヒアルロン酸 スーパーヒアルロン酸注射

0.1t:5,292円
1t:52,920円

エラボトックス 小顔(エラ)

50単位:31,320円
70単位:42,120円
100単位:52,920円

プロテーゼ アゴ(シリコン) 213,840円
脂肪吸引 1部位両側(頬、アゴ下) 各85,320円
フェイスリフト シングルリフト(1本) 31,320円
4Dスーパーダブルリフト(1本) 96,120円

(※カウンセリング代、麻酔代、薬代はすべて施術料金に含まれる)

 

アサミ美容外科 渋谷医院の情報

【住所】
東京都渋谷区宇田川町36-2 ノア渋谷12階 東急ハンズ前

 

【診療時間】
10:00〜18:00(年中無休)

 

【アクセス】
「渋谷駅」ハチ公改札口から徒歩6分

 

 

 

9種類の小顔整形と特徴

小顔整形は、プチ整形から大まかな施術まで種類がたくさんあります。
それぞれの特徴、ダウンタイム、効果、持続期間などを施術別でご紹介します。

 

簡単にできる小顔整形の種類


(出典:アフマリ

 

メスを使わない手軽な小顔整形は、注入するだけの施術が殆どです。
手軽に受けられる小顔整形を見ていきましょう。

 

脂肪溶解注射

脂肪を溶かす薬剤を気になる部分に注入して余分な脂肪をなくす方法です。
メソセラピーという脂肪を溶かす薬剤もありますが、近年の小顔注射では「BNLS注射」が多く使用されています。
BNLSは、植物由来の成分なのでアレルギー反応が少ないとされています。

 

施術は10〜15分程度の短時間ででき、術後のダウンタイムもほとんどありません。
稀に腫れたり内出血することもあるようですがメイクで隠せるくらいのものです。

 

針を刺す時にチクっとした痛みがあります。
痛みに弱い方は麻酔を行ってくれるクリニックもありますので相談しましょう。

 

1度脂肪分解されると脂肪がつきにくくなるため、リバウンドの心配がなく、半永久的に持続するとされています。
また、個人差がありますが1回で効果を実感しにくいため、繰り返しの注入が必要となります。
失くしたい脂肪の量(部位)にもよりますが、3回以上の注入が推奨されています。

 

メリット デメリット

・ダウンタイムが殆どない
・施術時間が短い
・痛みが少ない
・リバウンドしにくい
・比較的安価

・効果を実感しにくい
・脂肪にしか効果がない
・即効性がない
・繰り返しの注入が必要

 

 

ヒアルロン酸

鼻やあご、おでこなどにヒアルロン酸を注入してフェイスラインを整える方法です。
低いところに注入してメリハリをつけることで小顔に見せることができます。
腫れや内出血は稀で、ダウンタイムは殆どないようです。

 

ヒアルロン酸は元々人の体内に存在する物質なので、アレルギー反応が出る心配がありません。
しかし、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくため、元に戻ってしまいます。
ヒアルロン酸の種類や注入する部位によりますが、数ヶ月〜1年前後の持続とされています。

 

また、失敗しても「ヒアルロニターゼ」という薬剤を注入することですぐに元に戻すことが可能です。

 

メリット デメリット

・即効性がある
・アレルギーの心配がない
・失敗しても元に戻せる
・ダウンタイムが殆どない
・痛みが少ない

・稀に内出血が起こる
・しこりができることがある
・元に戻ってしまう

 

 

エラボトックス

ボトックスは筋肉の働きを抑制して萎縮させる方法です。
咬筋(こうきん)というエラの筋肉にボトックスを打つことで徐々に小さくなっていき、エラが目立ちにくくなって小顔効果が得られます。

 

施術は10分程度の短時間でダウンタイムもほとんどありません。
しかし、徐々に筋肉が萎縮されていくため、効果を実感しにくいようです。

 

また、3ヶ月〜6ヶ月で筋肉を抑制する薬剤が切れてしまうので繰り返しの注入が必要です。
定期的な注入をすることで、筋肉を使わない癖がついて半永久的に持続するとされています。
注入の頻度は、薬剤が切れる頃が良いとされているため、半年に1回のペースで5〜6回が理想的でしょう。

 

メリット デメリット

・施術時間が短い
・ダウンタイムが殆どない
・繰り返し注入で半永久的に持続する
・手軽にエラ張りが解消される
・比較的安価

・稀に内出血がある
・半年で薬剤が切れてしまう
・繰り返し注入が必要
・即効性がなく効果を実感しにくい
・筋肉にしか効かない

 

 

レディエッセ

ヒアルロン酸と似た薬剤で気になるところに注入して輪郭を整えます。
顔を小さくするのではなく、あごや鼻筋にメリハリを出して小顔に見せる方法です。

 

人の骨を形成する成分「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分なのでアレルギーが出にくいとされています。
即効性がありますが、1〜2年程で体内に吸収されて元に戻ってしまいます。
ヒアルロン酸より持続性が高いですが、元に戻す薬剤はありません。

 

メリット デメリット

・ダウンタイムが少ない
・即効性がある
・ヒアルロン酸と比べて持続性がある
・鼻やあごの形成に適している

・稀に内出血や腫れがでる
・ヒアルロン酸より感染に弱い
・目の周りに注入できない
・元に戻す薬剤はない

 

 

本格的な小顔整形の種類


(出典:小顔でスタイルをよく魅せる
本格的な小顔整形は劇的な変化が得られますが、ダウンタイムとリスクがつきものです。
気になる痛みやダウンタイムを見ていきましょう。

 

プロテーゼ

おでこ、あごなどにプロテーゼを挿入し、輪郭形成で小顔に見せる方法です。
おでこは髪の生え際を5p切開し、皮膚と骨を剥離してプロテーゼを挿入します。
プロテーゼがズレないように骨に固定して縫合します。

 

あごは口の中を2〜3p切開して、あごの骨膜下にプロテーゼを挿入します。
口の中を切開するため、治りが早くて傷口が表面に残ることがありません。

 

しかし、術後は強い腫れと内出血のダウンタイムが2週間くらいあります。
また、知覚神経の近くを剥離するため、神経が引っ張られてしびれる可能性があるようです。
比較的料金も高く、リスクがありますが、半永久的に持続するとされています。

 

メリット デメリット

・半永久的に持続する
・傷跡が目立たない

・比較的料金が高め
・ダウンタイムが長い
・大掛かりでリスクが高い
・後遺症が残ることがある

 

 

脂肪吸引

二重アゴや下膨れ(脂肪が原因)の余分な脂肪を吸引してスッキリさせる方法です。
施術時間は30分程で耳の後ろを3o切開して極細の管を挿入して脂肪吸引します。
切開した部分は縫合するため、1週間糸がついた状態です。

 

術後から1ヶ月程、吸引した部位を圧迫する必要があります。
この圧迫によって腫れやむくみが引きやすくなります。

 

また、吸引した部位が凸凹になったり、内出血がひどく出るケースもあります。
完全に腫れが引くまでは1ヶ月くらいかかる場合もあるようです。

 

メリット デメリット

・半永久的な効果がある
・傷跡が目立たない

・吸引部位に圧迫が必要
・内出血やむくみが出る
・凸凹になることがある

 

 

バッカルファット

頬の奥にある脂肪の塊(バッカルファット)を抜去する方法です。
バッカルファットを抜去することで頬のタルミを解消し、小顔効果も得られます。

 

口の中の粘膜に麻酔するのでチクっとした痛みはありますが、手術中の痛みはないようです。
頬の内側(口の中)を1〜2p切開してバッカルファットを取り除き、縫合します。

 

脂肪細胞そのものを抜去するので半永久的に持続します。
腫れなどのダウンタイムが1週間程ありますが、術後すぐに普段通りの生活ができるでしょう。

 

 

メリット デメリット

・半永久的に持続する
・小顔効果が高い
・口の中だから回復が早い
・傷跡が目立たない
・若いうちにすると老化を予防できる

・比較的料金が高め
・抜去し過ぎると頬がこける

 

 

フェイスリフト

フェイスリフトは大きく分けて、糸で持ち上げる方法と皮膚を切除する方法があります。
トゲがついた特殊な糸を皮下や筋膜に挿入し、固定することで頬を引き上げることができます。

 

また、皮下組織に刺激を与えるため、コラーゲンが生成することで肌に弾力を与えて効果的なリフトアップが可能です。
しかし、糸の種類によっては持続性が弱いものもあります。
施術後は、ひきつったり、うまく表情が取れなくなる場合もあるようです。

 

耳の形に沿って切開して皮膚を剥がし、表在性筋膜(SMAS)を引っ張って固定します。
余った皮膚を切除するため、たるみは確実に解消されます。

 

手術時間が長く、料金も他の施術と比べて格別高くなってしまいます。
また、後遺症が残るなどのリスクも考えられます。
劇的な変化と持続性を重視される方に良いでしょう。

 

メリット デメリット

・半永久的に持続する
・劇的に変化する
・たるみもシワも解消される
・若返って見える

・料金とリスクが高い
・後遺症が残ることがある
・施術時間が長い
・ダウンタイムが長い
・1回行うとやり直しできない
・髪が生えてこなくなることがある

 

 

骨削り

頬、エラ、アゴなどの気になる部分の骨自体を削る方法です。
全身麻酔するので手術中の痛みはないようですが、麻酔が切れたころから激しく痛み、1〜3日程度の入院が必要になります。

 

大幅な変化が見込めますが、強い腫れが1〜2ヶ月程続き、完全に引くまで半年かかります。
また、食事や喋る時に強い痛みが3ヶ月くらい続き、普段の生活に戻るのに時間がかかるでしょう。

 

そして、骨削りの手術をした方のほとんどが術後にしびれや麻痺を生じているようです。
その半分程度の方が経過と共に回復していますが、永久に残ってしまう方もいます。
大掛かりな整形を受ける方は、料金のほかに身体への負担やリスクが高いことを覚悟しておきましょう。

 

メリット デメリット

・1度行えば一生もの
・劇的な変化がある

・大掛かりでリスクが高い
・後遺症が残る可能性が高い
・ダウンタイムが非常に高い
・料金が非常に高い
・入院が必要
・皮膚がたるむことがある
・元に戻せない